CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< 桜 満喫♪ | main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | -
最愛の友達
4月初旬  家財も整い新居での暮らしをスタートさせて 3日
実家で暮らす愛猫が体調を崩してしまいました。

その為、再び実家に戻り 看病をしつつ共に暮らして参りましたが
5月21日 18年と4日の天命を立派に・・ 立派に全うし旅立って行きました。


18年前・・
人生の本道を横道に反れ、絶望のどん底で生きる気力を無くしているとき 
私の部屋で 目の前で生まれ出て 「 命 」 の輝きを見せてくれました。
そして今年・・
新居も構え、横道に反れた人生は長い時を経て完全に本道へ。
長い間、私が迷子にならないように そっと寄り添ってくれて
本道を歩く準備が出来たのを見届けてくれたかのようでした。

18年、何時もそばにいて
沢山の思い出をくれた最愛の友達 チャコ
余り鳴くことのない 優しくて穏やかな大切な大切な私の家族




共に生きてくれて ありがとう




扉の隙間・・  テーブルの下・・  裏庭の隅・・
気が付けば、無意識にその姿を探してしまっています。



さすがに今回は堪えています。
悲しみがもう少し癒え、新居での暮らしを改めてスタートさせた頃
” しろくま日記♪ 第3章 ” を始めたいと思っています。

皆さん もう暫らく私に時間を下さい。







| - | 21:39 | comments(18) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| - | 21:39 | - | - | -
コメント
いつまででも待っています☆彡
ゆっくりご自分のペースで♪
| まいたけ | 2013/06/05 1:47 PM |
トド子もしろくま一家と一緒に待ってます。

んだんだ~!!オラたちトド子ちゃんとちゃこおねえちゃんのことず~っと待ってるだぁ~!!(^o^)/byしろくまパパ・兄・チビ・チビ子
| トド子 | 2013/06/05 9:04 PM |
とても悲しいことがおきていたんですね。
私も猫を飼っていたので、お気持ちはよくわかります。
チャコちゃんが生まれたときからず〜っと一緒にいるんですか。18年、思い出いっぱいですね。友達であり家族、わかります、うちもそうでした。

メールの画像ではピンクの肉球がかわいかったチャコちゃん、やさしくてかしこそうないい顔してますね。
| あや | 2013/06/06 2:22 PM |
そうでしたか。
とても悲しいことがあったんですね。
チャコちゃんが18年間もそばにいてくれたんですものね。
私も実家にいたころナシゾウという迷い猫を飼っていましたが
5年位前だったかな。老衰で亡くなりました。家に来た時がすでに落ち着いた成猫で10年以上家にいたので年齢的にチャコちゃんと同じ位生きたと思います。
たぶん心の中に生き続けるでしょう。
悲しい思いは時が少しづつ和らげてくれるでしょう。
ただ、今は悲しいですから
泣きたい時は思い切り泣いてください。
| きんた | 2013/06/08 12:09 PM |
おはようございます。見ず知らずの人間が声をかけるのもどうかとおもいますが・・・自分はこちらのかわいいシロクマたちのおかげでがんばらせていただいてます。更新楽しみにしております
失礼しました
| 通りすがり | 2013/06/09 8:46 AM |
おはようございます。

いろいろ大変でしたね。
ゆっくり休んでください。
| びぃちゃん | 2013/06/09 9:21 AM |
まいたけさん こんばんは。

お気遣い頂きありがとうございます。
楽しいUPが出来る様になる迄
宜しくお願い致します。
| ちゃこ | 2013/06/09 7:44 PM |
トド子さん こんばんは。

お気遣い頂きありがとうございます。
一家で待っててくれますか。 
ありがとうございます。
| ちゃこ | 2013/06/09 7:46 PM |
あやさん こんばんは。

あやさんとはメールでやり取りしましたね。
あやさん家の百子ちゃんや我が家のチャコのこと。
人間より寿命の短い動物ですから
何時かはこの日が・・ と理解はしていても
やはり辛いです。 家族ですもんね。

チャコを褒めて下さってありがとうございます。
私には最高のにゃんでした。
| ちゃこ | 2013/06/09 7:54 PM |
きんたさん こんばんは。

お気遣い頂きありがとうございます。
きんたさんも猫ちゃんを?  そうでしたか。
迷い猫を・・ ナシゾウも幸せだったでしょうね。

子供の頃からずっと
犬や猫が絶えずいた生活だったのですが
一番長く一緒にいてくれたのがチャコでした。
きっと生涯忘れる事はありません。

本当にこればっかりは時間が薬ですね。
それと、皆さん方の優しいお気持ちが本当に嬉しいです。
ありがとうございます。
| ちゃこ | 2013/06/09 8:03 PM |
通りすがりさん こんばんは。

いえいえ・・ 
ネットの世界とは言え、ココやボーラーさんとこに
集うしろくま好きの皆さんは全て、友達だと思っています。
お声を掛けて下さってありがとうございます。

私も普通の・・ 本当に普通の人間ですから
日々の生活には普通に喜怒哀楽があります。
しろくま日記♪は、読んで下さる皆さん方に
ふふっと笑って頂きたくて怒と哀は書かない積もりでしたが
今回ばかりは。 

また、元気になって帰って参りますので。
| ちゃこ | 2013/06/09 8:17 PM |
びぃちゃんさん こんばんは。

お気遣い頂きありがとうございます。

家作りのこと・チャコのこと
昨年からずっと張り詰めていた気持ちが
一気に崩れてしまった感じです。

一回、自分の気持ちに正直に過ごしてリセットしてみます。
| ちゃこ | 2013/06/09 8:22 PM |
いろいろ考えても、うまい言葉が思いつきませんでした。

素直に「おつかれさま。ありがとう。」と思えるときが来ると思います。

無理に元気になろうとかしなくても大丈夫。

今は「自分の時間」を大切に、そして優先して下さいね〜。
| しろくまボーラー | 2013/06/09 11:30 PM |
しろくまボーラーさん こんばんは。

お気遣い頂きありがとうございます。

そうですね・・
時が来たら心から良いたいです。 ありがとうを。

今年は早々より、なかなかUP出来ず
ボーラーさん もう暫らくお願いしておきますね。
| ちゃこ | 2013/06/11 8:12 PM |
お久しぶりです。哀しい別れがあったですね…
でも…
人は一度巡り合った人と二度と別れる事はできない。なぜなら人間には記憶という能力があり、そして否が応にも記憶とともに現在を生きているから…人間の体のどこかに、ありとあらゆる記憶を沈めておく巨大な湖の様な場所があって、その底には失われたはずの無数の過去が沈殿している…
パイロットフィッシュ 大崎義生

ごめんなさい。どんな言葉をチャコさんに伝えたらよいのか迷走…
私が伝えたい事 チャコちゃんとチャコさんはずっと繋がっている。ってコト。頭足りないから(笑)受け売りですが…大切な思い出宝物。我が家の4熊達宝物。
| ゆきぢ | 2013/06/13 11:37 PM |
ゆきぢさん こんにちは。

お気遣い頂きありがとうございます。

二度とこの手に抱くことはできないけれど
私の中に存在し、何時でも記憶の湖の底から
浮かび上がってくる・・    ですね。

あれから時が経ち
この現実の世界にはもういない と言うことが
ようやく脳も身体も理解が出来たような気がします。
その分、私の心に中に鮮明な姿のチャコがいます。
これからもずっと一緒にいます。
ありがとうございました。

| ちゃこ | 2013/06/16 6:47 PM |
ちゃこさま、こんばんは。

大切な家族との別れ・・・、辛く、悲しいです。
無理をせず、思いっきり泣いてチャコちゃんの事を
思い出してあげて下さい。
楽しかった思い出はいつでも、
いつまでも傍にいてくれます。

チャコちゃん、18年もの間、ちゃこさまと一緒に
過ごせて幸せだったね。
天国でもたくさんのお友達と一緒に、
幸せに暮らして下さい。

ps: 嫁実家のハスキーも、去年12月に16年間の生涯に幕を
  閉じ、天に召されたのでした。
| hiro | 2013/06/16 9:33 PM |
hiroさん こんばんは。

お気遣い頂きありがとうございます。

命有る者全てに限りが有る
解ってはいるつもりですが
高齢とは言え、最近まで大変元気でしたので
「その日」がこんなに早く訪れるとは
思っていませんでしたし、思いたくなかったんですね・・
当たり前の事なんですけどね
流れる時間は誰にも止められないこと 痛感しています。

チャコは今頃・・
我が家の家族だった歴代のワンや
チャコの兄弟やお母にゃんと一緒に
幸せにしていることでしょう。
チャコの幸せを想って下さり心から感謝致します。

奥さまの御実家でも辛いお別れがあったのですね・・
家族の一員として大切にされて、幸せに長生きしたんですね
天命を立派に全うして
今頃天国で幸せそうに駆け回ってますよね。 きっとね。               
| ちゃこ | 2013/06/18 11:20 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://boku-wa-kuma.jugem.jp/trackback/381
トラックバック